このエントリーをはてなブックマークに追加

PM2.5・黄砂を原因から考える

中国大陸からはるばる海を渡って日本国へ飛んでくるPM2.5と黄砂。これらは何が原因で日本へ飛散してきているのでしょうか。

PM2.5は、主に工場からの化学物質が含まれたままの煙のばら撒きや自動車の排気ガスに含まれています。黄砂は砂漠の微粒砂で、環境破壊により緑が少なくなってしまった土壌が砂漠化してしまい、飛散する量が毎年増加していると言われています。PM2.5も黄砂も経済成長を追い求めてきた中国政府の代償とも言えます。現状をできるだけ知り、そして人類皆で環境破壊を止めなければ環境破壊はどんどん進んでいきます。

まずはPM2.5に関するニュースを知って、現状を把握し、そして少しづつ原因解決を考えられるようになりましょう!