このエントリーをはてなブックマークに追加

マスクの種類をまず把握しよう

マスクには主に3種類あります。
それぞれのマスクの正しいつけ方を把握してPM2.5対策をしっかり行いましょう。

  • ブリーツタイプ
    PM2.5対策[プリーツタイプマスク]
    咳やクシャミ等の飛散対策として 医療現場でも使用されるサージカルマスク。 ブリーツタイプマスクの着用方法
  • コーンタイプ(N95マスク)
    PM2.5対策[N95マスク コーンタイプ]
    新型インフルエンザやSARS(サーズ)、結核などの空気感染防止用のマスク コーンタイプマスクの着用方法
  • ダックビルタイプ(N95マスク)
    PM2.5対策[N95マスク ダックビルタイプ]
    新型インフルエンザやSARS(サーズ)、結核などの空気感染防止用のマスク ダックビルタイプマスクの着用方法

ブリーツタイプマスクの正しい着用方法

ブリーツマスク着用の注意点

①マスクの裏表を確認し、マスクのブリーツ部分(ひだ)を上下に伸ばして、マスクを広げましょう。

②マスクの内側を顔にあててノーズピースを鼻の部分にフィットさせます。マスクの下側は顎(あご)までしっかり伸ばす必要があります。

③顔にフィットさせながら、耳に紐をかけましょう。

ブリーツマスク着用の注意点

ブリーツマスク着用の注意点 その1 ノーズピースとブリーツ部分(ひだ)を合わせていないと鼻の横に隙間が出来てしまうため、マスクの着用の意味がなくなってしまいます。

ブリーツマスク着用の注意点 その2 マスクで口だけを覆っても、鼻が出ていると意味がありません。マスクによって唾などの飛散は防ぐことは出来ますが、自分の保護ができません。

ブリーツマスク着用の注意点 その3 マスクを顎部分にずらしてしまうと、顎に付着している飛散物がマスクの内側に付着する可能性があるので注意しましょう。

ブリーツマスク着用の注意点 その4 マスクのゴム紐が緩いと肌とマスクの間に隙間が出来てしまい自分の保護ができません。

コーンタイプマスク(N95マスク)の正しい着用方法

ブリーツマスク着用の注意点 マスクの鼻部分を指の方にし、ゴムバンドを下に垂らし、手の平でカップを持ちます。

ブリーツマスク着用の注意点 ノーズピースを上側にして、マスクが顎まで隠れるように被せます。

ブリーツマスク着用の注意点 上側のゴムバンドは後頭部にかけます。

ブリーツマスク着用の注意点 下側のゴムバンドは首の後ろにかけます。

ブリーツマスク着用の注意点 両手でノーズピースを押さえながら、指で自分の鼻にノーズピースをしっかりと押しあてましょう。

ブリーツマスク着用の注意点 両手で装着したマスク全体を覆い、息を吐き出して空気が漏れていないかをチェックします。鼻の周りから息が漏れる場合は、装着し直しましょう。

ダックビルタイプ(N95マスク)の正しい着用方法

ブリーツマスク着用の注意点 鼻にフィットするようにノーズピースを上にして軽く曲げます。

ブリーツマスク着用の注意点 顎にマスクの下部分をかけ、下側のゴムを首へ、上側のゴムを頭へもっていきます。

ブリーツマスク着用の注意点 マスクの上側のゴムは頭の後ろで、下側のゴムは首で固定しましょう。

ブリーツマスク着用の注意点 ノーズピースを両手で押さえ、指先で鼻の形に合わせてフィットするように装着します