PM2.5とは

中国汚染PM2・5の脅威画像

PM2.5とは、自動車の排気ガスなどに含まれる直径2.5マイクロメートル以下の微粒子の総称。

(※)人間がPM2.5を吸い込むと気管や肺胞へ吸収されてしまい、気管支炎やぜんそく、そして肺がんを引き起こす可能性があります。PM2.5の粒子は超微粒子となっており、市販のマスクで除去することができずにすり抜けてしまうため、対策が困難とされているのが現状です。

中国では昨今の経済成長に伴いPM2.5を筆頭とした有害物質による大気汚染が加速し社会問題になっています。

日本にとっても対岸の火事ではなく、中国の大気汚染が偏西風により、九州をはじめとする西日本へ大気汚染の被害が広がってきています。
※1マイクロメートル=0.001ミリメートル

大気エアロゾルとは

中国汚染大気エアロゾル画像

気体に浮遊する微量な粒子が大気エアロゾルです。空気中に科学物質などが溶け込んでいるイメージで、風などにのって飛散するのが特徴。

重金属粒子やディーゼル黒煙、たばこの煙やアスベスト粒子、そして放射性粒子が大気に溶け込み大気エアロゾルとなります。

日本でこれほど騒がれている理由は、中国で発生したPM2.5や黄砂が大気に溶け込み有害な大気エアロゾルとなって日本まで飛散しているためです。

このPM2.5の飛散は大気汚染問題の根本改善がされない限り、今後被害の拡大が予想されているのでPM2.5予報の確認をして対策をしましょう。

PM2.5と花粉について

中国の大気汚染によって発生したPM2.5を含む大気エアロゾルが偏西風にのって日本列島へも影響を与えはじめています。

主に自動車の排気ガスに含まれるPM2.5という微粒子が有害物質となっているため人体へ悪影響を与えると問題になっています。

このPM2.5に現代病の代名詞ともいえる『花粉症』の原因である花粉が交じり合うことにより、より凶暴な汚染物質になるといわれています。

例年の症状以上の花粉症に悩まされたり、今まで花粉症でなかった人も花粉症が発症してしまったりするようです。 現在、高い精度のPM2.5予測が発表されているので、PM2.5と黄砂、そして花粉の飛散予報をしっかりと確認しましょう。

PM2.5の予報!